中学校イメージ

中学校

専門教科である

校舎学校の先生になりたい方の中には中学校の教師を目指している方が多いです。
小学校の場合はすべての教科を担当する必要があり、子供たちはまだまだ小さいため、それなりに大変な部分が多いです。
中学校となると、それぞれの先生は専門教科を持つことになるため、その点は大きな違いとなるでしょう。

基本的に小学校と中学校、高校はそれぞれ教員免許が異なるものとなっています。
そのため、進路を選ぶ段階で将来どの学校の教員になりたいのかを考えておくべきでしょう。
ただし、小学校教員の場合は教育学部のように教育を専門としている学部や学科へ進学しなければいけませんが、中学校や高校の場合は別の進路も可能です。

たとえば、理学部では数学や理科の教員免許を取得することができるのです。
中学や高校の場合は科目ごとの教員免許となっており、小学校の教員よりもさらに高い専門性が求められることになります。
もちろん、教員免許を取得するためには決められた単位を取り、教育実習を行う必要があります。

そのため、教員養成以外の学部や学科に進んでしまうと、余計な負担が増えてしまうのですが、高い専門性を身につけながら、教員免許を取得できるため、そちらの道を進む方も多いです。
自分が将来どのような先生になりたいのかをよく考えた上で進路を選択するべきでしょう。

中学校の先生はやりがいがあるのか

教師を目指す前に考えてもらいたいこととして、果たしてやりがいはあるのかということです。
このやりがいというのは、基本的にはどのような仕事にも存在しているものです。
ただし、注意してもらいたいこととして、誰でも同じようなやりがいを感じられるとは限りません。

たとえ、同じような仕事をしていたとしても、やりがいを持って仕事ができる方もいれば、やりがいを見いだせない方もいるのです。
そのため、あまりにも過剰にやりがいを求めるような態度は避けた方が良いでしょう。
結局、自分がその仕事をどのように捉えているのかが問題となるため、他人にとってやりがいがあるからといって、自分にも同じようなやりがいを感じられるのかは分かりません。

当サイトでは中学校教師の仕事をして得られる一般的なやりがいを解説しています。
それを自分も同じように感じられるのかは、最終的には自分次第であることを理解しましょう。
どんな仕事でも、心の持ちようでやりがいを得ることはできるのです。

中学校の先生としてのやりがいには、他の学校種の先生と共通しているものもあれば、中学校に特有なものも存在しています。
やりがいのある仕事をすることができれば、幸せな人生を送ることができるでしょう。
そのようなまさに天職といえるような仕事になれれば幸いなことです。

>>中学校教師になる方法
中学校教師になるための方法を解説

>>中学校教師の一日
中学校教師の一日の仕事について

>>中学校教師のやりがい
中学校教師としてのやりがいを説明します。