幼稚園教諭とは

子供に教える女性

幼稚園教諭の仕事内容

幼稚園教諭は、文部科学省の管轄で「学校」として分類されている施設です。
従って主な仕事内容は、子供たちに対して生活するための知恵を指導し、教育をしていくことにあります。

幼稚園教諭として勤務をするためには、必ず国家資格である幼稚園教諭免許を取得しなくてはいけません。

幼稚園教諭免許には一種、二種、専修の三種類があり、取得に必要な養成課程をどのような方法で行ったかにより、取得できる種類が異なってきます。

幼稚園教諭免許の養成課程があるのは専門学校、短大、四年制大学などで、さらに大学院で専攻をした時に専修免許状を受けることが可能です。

幼稚園教諭免許の養成課程においては、教職の意義について学びつつ、幼児臨床心理などの子供の心理面に寄り添うための学習を進めていきます。

保育士資格の養成課程とは異なる、国語や算数、生活、音楽、図画工作といったことを実習を通して学んでいきます。

幼稚園で子供を預かる時にはそうした知識をもとにして、小学校に入学する前の早期教育を担当していくことになるのです。

幼稚園教諭として働く魅力

幼稚園教諭として仕事をしていく上で感じる魅力としては、教育を通して目標を達成していくことができるということです。

学校である幼稚園内では、子供にとって必要な教育を行い、それによって子供が成長していくことを助けていきます。

都心部には有名附属幼稚園もいくつかあり、そうした施設では系列小学校への進学制度があります。

または幼稚園卒業後に小学校を受験する園児もいるため、そうした人に対しての対策を教育するということも役目の一つです。

附属幼稚園の場合、教育理念がしっかりとしており、その方針に従って幼児たちを教育していくことになります。

子供にはなにかと習い事をさせたいと思うのが保護者ですが、幼稚園教育を通して子供の様々な能力を開発していくということにより、子供の可能性を広げていけるというのが幼稚園教諭の魅力です。

子供の成長はとても早いので、自分が教えたことがあっという間にできるようになっていたりといった、目に見える実感を得られるというのも仕事をしていく上でのやりがいでしょう。

自分がかつて子供の能力を開発するための手伝いをして、その後進学などでさらに立派な大人になっていくということも、長く続けていくためのモチベーションになります。

長い人生のスタート地点で、自分に自信のある生きる力を備えてあげられる役目ができるというのは、幼児教育に携わる人間にとっての喜びでしょう。

保護者の意見を聞きながら、どういった方面に子供の力を伸ばしていくかということを相談するというのも、幼稚園教諭の大きな役割になります。