保育士の転職は計画的に~転職に最適な時期とは

保育士として働いているとさまざまな理由から転職を考える人は少なくありません。

「給料が安すぎる」、「仕事量が多すぎる」、「職場の人間関係のもつれ」などの理由が多く聞かれます。

しかしながら「いつ、退職を申し出ればいいの?」「転職の進め方って?」などの疑問もあるのではないでしょうか。

時期などを間違えると、保護者の方や在籍中の保育園や一緒に仕事をしてきた仲間に迷惑がかかってしまします!

そこで今回は、保育士の転職の進め方について解説します。

保育士の転職は計画的に! 転職に最適な時期とは

退職するタイミングは年度末の3月が一般的です

保育園は子どもたちを預かる施設のため、信頼性が大切になってきます。

子どもたちや保護者が不安にならないように、タイミングが重要です。

保育園の求人予定

一般的に保育園の求人は11月から12月に来年度の人員の予定を立てます。

転職を考えている場合、この時期に伝えることになるでしょう。

そして、年明けに来年度の職員を募集するため、1月から3月に求人が多くなります。

ですので、退職するタイミングは年度末の3月がよいでしょう。

退職の流れ

よほどの理由がない限りは12月に意思を伝えて、3月に退職という流れです。

その間に転職先を探すことになります。

やむを得ない事情で年度途中に辞める場合は最低でも1ヵ月前に上司に伝えてください。

転職のコツ

転職成功のコツは自分にあっているか、長く働ける雇用条件かをきちんとチェックして選ぶようにしてください。

しかし、保育士は忙しい職業のため、働きながら転職先を探すのはとても大変。

そこで活用したいのが保育士専門の求人サイトです。

スマホを活用すればすき間時間を使って求人情報のチェックができます。

タイミングがあえば好条件のオファーがもらえることもあるので、気に入ったサイトに登録しておくといいでしょう。