貯金箱その他

幼稚園教諭の年収

幼稚園教諭の平均年収、ボーナスの有無

幼稚園教諭の仕事は、残念ながらその社会的意義の大きさに対して決して高い水準にはありません。
その一方で、幼稚園という施設そのものが今後も社会的需要がなくなるということはないことから、自主的に退職をしない限りは安定的に仕事を続けていくことができるという安心感があります。

全国には国公私立合わせて約1万3000園が運営されていることもあり、資格取得後に求人を探すということはそれほど難しくないでしょう。

むしろ全国的に人材不足が続いていることもあり、急募求人として出されているということも珍しくありません。

全国の平均的な幼稚園教諭の年収は約330万円とされています。
ただしこれは正規雇用として幼稚園に勤務している人をベースにしているので、パートや非正規雇用で勤務をしている場合はややそれよりも少なめです。

公立幼稚園の場合、給与体系はそれぞれの都道府県の基準に従います。
公務員の給与は勤続年数や年齢によって決まることとなっているので、長く勤務をすることにより段階的に上がっていきます。

ボーナスもきちんと年に2回支給されるので、年収額としては幼稚園教諭の中でも高い額となるでしょう。

しかし幼稚園の業務は体力が必要であることから、まだ若い20~30代で退職をしてしまうという人も多く、そのまま復職を希望しないことにより、平均的な幼稚園教諭の年収額を押し下げているという事情もあります。

幼稚園教諭として年収を上げる方法

本心ではもっと幼稚園教諭を続けたいと考えている人であっても、金銭的な事情によりやむなく他業界へ転職することになってしまったという人もいるでしょう。

幼稚園教諭としてまず給与を高める方法としては、勤務時間を伸ばしたり日数を多く出勤したり、残業手当を狙うということがあります。

しかしもともと労働時間が長時間になりがちな幼稚園においては、最初から給与が残業代込を想定していることも多く、むしろ残業しなければ生活もできないというようなところもあったりします。

公立の幼稚園ならばそれでも長く勤務をしていれば40代以降は年収額が大幅にアップするので、とにかく粘り強く仕事を続けるということがポイントになるでしょう。

私立幼稚園の場合、年齢や勤続年数では単純に昇給をしないというような施設もあります。

その一方で、優秀な人材をとどめておくために定期的な昇給制度を設けるなど待遇改善を行うところも増えてきているようです。

年収アップを狙うのであれば、過去の実績をもとにしてきちんとした昇給制度や福利厚生のある施設へ転職をしてみるということが、まずおすすめになります。

保育施設と異なり、子供の面倒をみる時間が限定される幼稚園においては、どんな施設に勤務するかということがより重要になるのです。