塾講師

塾講師の先生

学習をサポートする仕事

塾講師とは小学生や中学生、高校生の学習をサポートするための仕事です。
学校とは異なり絶対に通わなければいけないものではなく、保護者や生徒が自主的に塾へ通うようになります。
塾には受験を目的としたところもあれば、基本的な学習に重きをおいているところもあります。

最近では、小学校受験や中学受験が珍しいことではなくなっているため、以前よりもさらに塾の役目は大きくなっています。
昔は塾といえば裕福な家庭の子供が利用するものというイメージが強かったのですが、最近では普通の家庭の子供でも塾を利用するようになっています。
難関校を受験するのであれば、塾に通わせて、そこでノウハウを学び、ライバルたちに勝つための力を得なければいけないという考えが一般的となっています。

そのため、それぞれの塾が進学実績を公表しており、自分の塾が他の塾よりもいかに優れているかを宣伝するようになっています。
このように塾の世界というのは、現在では競争がとても激しいものとなっており、塾講師に求められていることも昔とは異なっているのです。
このような状況をきちんと理解してから塾講師を目指すべきでしょう。

教育業界に関わろうと考えている方の中には選択として学校の先生を目指す道と、塾講師を目指す道の二種類があります。
これらのうちのどちらかを選ぶかによって、まったく異なる仕事をすることになるでしょう。
学校の先生と塾講師というのは似ているようで異なる仕事であることを理解しましょう。

塾講師を目指す

塾講師を目指すのであれば、それがどのような仕事であるのかをきちんと理解してください。
ちゃんとした理解をしていないのにこの仕事を目指したとしても、後で苦労してしまいます。
きちんと塾講師の実態を把握した上で、自分に塾講師としての適性があるのかを考えてみましょう。

そのために役に立つ情報を当サイトでは提供しているため、ぜひとも役に立ててください。
塾講師を目指す方が、自分の生涯の仕事として塾講師になることを真剣に考えてもらえれば幸いです。
塾講師になるための方法ややりがい、仕事内容などについて説明しています。

塾講師というのは免許が必要とされるものではなく、一般企業に就職することになるため、この点でも学校の先生とは立場が大きく異なっています。
生徒というのは、あくまでも顧客となるわけなのです。
そのため、どうしても普通のサラリーマンと同じような苦労をすることがあるかもしれません。

しかし、一方では塾講師というのは学校の先生と近い部分もたくさんあります。
このように二つの特徴を兼ね備えているのが塾講師という仕事なのです。
塾講師にやりがいを持って働いている方はたくさんいるため、ぜひとも目指してみましょう。

>>塾講師になる方法
塾講師として仕事をするためには

>>塾講師の一日
塾講師が一日にする仕事はどんなものか

>>塾講師のやりがい
塾講師の仕事のやりがいとは